サービスアダプタの管理の開始

このセクションでは、サービスアダプタの管理を開始するための登録手順を説明します。

あらかじめサービスの契約作成が完了しているものとします。 また、パートナーアカウント(管理者用コントロールパネルのログインID)を手元に用意してください。

サービスアダプタの管理を始めるには

サービスアダプタの管理を開始するためには、 管理者用コントロールパネルにてSAコードに対してサービスアダプタのDistribution IDを登録する必要があります。

ノート

SACMでは、サービスアダプタごとのコンフィグレーションやステータス情報などの格納領域をSAコードで管理します。 このSAコードに対してサービスアダプタ固有のDistribution IDを登録したり差し替えたりすることにより、 リモート操作やコンフィグの引継ぎ(機器交換)が可能となります。

サービスアダプタの登録手順

サービスアダプタのDistribution IDを確認する

Distribution IDは、サービスアダプタを提供するベンダーから発行されます。 IDの提供形態は機種ごとに異なりますので、詳細はサービスアダプタのベンダーにお問い合わせください。 (パッケージや銘盤ラベル等の印刷、あるいはサービスアダプタのユーザインタフェースなどから確認可能な機種もあります)

Distribution IDの例:

0001-0000-0000-000B-02E0-4DFF-FE10-0128
  • 32桁の16進数

SAコードにDistribution IDを登録する

管理者用コントロールパネルにログインし、登録操作を行います。

  1. 管理者用コントロールパネルにログインする
管理者用コントロールパネル ログイン
  • ログインIDはパートナーアカウントです。
  • 管理者用コントロールパネルのURLはOEM事業者ごとに異なります。
  1. 「サービスコード一覧」タブを開き管理対象のマネージメントラベルを選択する
管理者用コントロールパネル 「管理」タブ
  1. 「管理」タブを開き、SAコードに対してDistribution IDを登録する
管理者用コントロールパネル 「管理」タブ
  • マネージメントラベルおよびSAラベルは任意の文字列です。
  • 入力後に変更ボタンで確定してください。

以上でサービスアダプタの登録操作は完了です。

登録完了後にサービスアダプタが起動しRSに起動通知が到達すると、 「ダッシュボード」タブ内の接続状態の表示が更新されます。