監視通知について

SACMでは、サービスアダプタの動作状況を Heartbeat パケットを使って監視し、状況が変化したときにメールによって通知することができます。

監視方法

サービスアダプタは、定期的に監視サーバに対して Heartbeat パケットを送信します。監視サーバでは、 この Heartbeat が定期的に届いている状態をUP状態とみなし、また逆に Heartbeat が届かなくなっている状態を DOWN 状態とみなします。 状態が変化した際は、指定されたメールアドレスに通知メールを送信します。

監視間隔

5分に1回Heartbeatをサービスアダプタから送信

状態変化

  • DOWN状態のとき、1回Heartbeatが監視サーバに到達すると、接続状態をDOWN→UPに変化させる
  • UP状態のとき、3回連続でHeartbeatが監視サーバに到達しなかった場合、 接続状態をUP→DOWNに変化させる

SACMにおける監視は、「SACMの監視サーバにHeartbeatが届くかどうか」で判断されるため、特定の経路宛の通信が行えない状況などは判別できません。 また、上位のルータや回線に障害があった際も同様にDOWN検知される可能性があるため、機器そのものを監視しているわけでは無いという点にご注意ください。

送信メールフォーマット

送信メールの内容は、再販事業者毎に自由にカスタマイズすることができます。 デフォルトのメール文面は以下のようになります:

監視状態の変化を検知しました

----------------------------------------------------------------
検出時刻        : 2012/07/10 (火) 08:05:01
発生イベント    : Down
SAラベル        : 東京本社(01)
SAコード        : tss80000001
Distribution ID : 0001-0000-0000-000B-02E0-4DFF-FE10-0001
IPアドレス      : 100.100.100.100
----------------------------------------------------------------

以上、よろしくお願いいたします

<mail address> は送信専用のメールアドレスです。
お問い合わせは <mail address> までお願いいたします。

SACM上での監視ステータスの確認

SACMコントロールパネルで、監視状況を確認することができます。ダッシュボード、もしくはSAの詳細情報にてアイコンで表示されます。 アイコンの内容は以下の通りです。

状態アイコン アイコンの意味
../_images/upState-down.png 切断中
../_images/upState-up.png 接続中