テンプレートの概念

SACMでは、テンプレートを用いたコンフィグ管理を行うことができます。 テンプレートを用いると、たとえば

  • ほとんど同じコンフィグだが、PPPoEアカウントやIPアドレスだけは異なるコンフィグを大量に作成する
  • 大量のコンフィグだが、ほとんど同じ内容の繰り返しパターンが存在する

といったような、定型化されたコンフィグを極めて簡単に作成、管理することが可能です。

SACMにおけるテンプレート機能は、テキスト形式のコンフィグに対して利用することができ、 「マクロコマンド」と「テンプレート変数」によって作られたコンフィグパターンから必要なコンフィグを一括でまとめて生成することができる、というものです。

../_images/template_overview.png

テンプレートの文法仕様や操作方法については、 テンプレートコンフィグ文法 をご覧ください。