その他

show env

概要

環境変数を表示します。

入力形式

msh(tsa********)> show env

パラメータ

コマンド実行時に指定するパラメータはありません。

説明

コマンド実行時に設定されているmshの環境変数一覧を表示します。

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> show env
proxy_addr : proxy.example.jp
proxy_port : 8080
domain : domain.example.jp
path : /api/resource
access_key : access_key_string
access_key_secret : access_key_secret_string
user_code : tsa********
ssl_verify : true
msh(tsa********)>

set env

概要

環境変数を設定します。

入力形式

msh(tsa********)> set env [access_key <Access Key>] [access_key_secret <Access Key Secret>] [domain <Domain>] [path <Path>] [user_code <User Code>] [proxy_addr <Proxy Address>] [proxy_port <Proxy Port>] [ssl_verify <SSL Verify>] [offset_minute <Offset Minute>]

パラメータ

パラメータ 説明
(オプション) <Access Key> API実行用のアクセスキー
(オプション) <Access Key Secret> API実行用のアクセスキーのパスワード
(オプション) <Domain> APIリソースのドメイン
(オプション) <Path> APIリソースが配置してあるパス
(オプション) <User Code> マネージメントコード
(オプション) <Proxy Address> プロキシサーバのアドレス
(オプション) <Proxy Port> プロキシサーバのポート
(オプション) <SSL Verify> 証明書を検証を行うかどうか
(オプション) <Offset Minute> タイムゾーンのオフセット (-720~840)

説明

msh実行に必要な各種環境変数を設定し、変更後の環境変数を表示します。このコマンドで変更した値はmshrcには保存されません。 指定する各種パラメータは、オプション名と同じ名前には設定できません。

以下にコマンドの出力例を示します。

  • 変数のパラメータを変更する場合
msh(tsa********)> set env access_key key domain sacm.example.jp
proxy_addr : proxy.example.jp
proxy_port : 8080
domain : sacm.example.jp
path : /api/resource
access_key : key
access_key_secret : access_key_secret_string
user_code : tsa********
msh(tsa********)>

unset env

概要

環境変数を設定値無しに変更します。

入力形式

msh(tsa********)> unset env [access_key] [access_key_secret] [domain] [path] [user_code] [proxy_addr] [proxy_port] [ssl_verify] [offset_minute]

パラメータ

指定するパラメータは特にありません。

説明

msh実行に必要な各種環境変数に設定されているパラメータを削除し、変更後の環境変数一覧を表示します。このコマンドで変更した値はmshrcには保存されません。

以下にコマンドの出力例を示します。

  • 変数のパラメータを削除する場合
msh(tsa********)> unset env access_key access_key_secret
proxy_addr : proxy.example.jp
proxy_port : 8080
domain : sacm.example.jp
path : /api/resource
access_key :
access_key_secret :
user_code : tsa********
msh(tsa********)>

デフォルト値

パラメータ、オプション名 デフォルト値
access_key (空文字)
access_key_secret (空文字)
domain (空文字)
path (空文字)
user_code (空文字)
proxy_addr (空文字)
proxy_port (空文字)
ssl_verify (空文字)
offset_minute (空文字)

show mshrc

概要

mshの環境変数を設定ファイル(mshrc)を読み込み、環境変数に反映します。

入力形式

msh(tsa********)> show mshrc [<mshrc File>]

パラメータ

パラメータ 説明
(オプション) <mshrc File> 読み込むmshrcファイル

説明

~/.msh/以下にあるプレフィックスが”mshrc.”のファイルのリストを表示します。 mshrcファイル名を指定すると、ファイルの中身が表示されます。

以下にコマンドの出力例を示します。

.mshrcファイルの一覧を表示する場合

msh(tsa********)> show mshrc
mshrc
mshrc.other
mshrc.x1
mshrc.b1
msh(tsa********)>

特定の.mshrcファイルの内容を表示する場合

msh(tsa********)> show mshrc other.mshrc
proxy_addr : proxy.example2.jp
proxy_port : 8080
domain : sacm.example2.jp
path : /api/resource
access_key : access_key_string2
access_key_secret : access_key_string2
user_code : tsa********
msh(tsa********)>

set mshrc

概要

mshの環境変数を設定ファイル(mshrc)を読み込んで変更します。

入力形式

msh(tsa********)> set mshrc <mshrc File>

パラメータ

パラメータ 説明
<mshrc File> 読み込む対象のmshrcファイル

説明

set mshrcコマンドで読み込む候補となるファイルは、~/.msh/以下にあるプレフィックスがmshrcのファイルが対象となります。 コマンドを実行すると、mshの環境変数を変更したのちに、変更後の環境変数を表示します。

以下にコマンドの出力例を示します。

  • 変数のパラメータを変更する場合
msh(tsa********)> set mshrc mshrc.other
proxy_addr : proxy.example2.jp
proxy_port : 8080
domain : sacm.example2.jp
path : /api/resource
access_key : access_key_string2
access_key_secret : access_key_string2
user_code : tsa********
msh(tsa********)>

help

概要

mshで実行可能なコマンドの一覧または指定したコマンドの説明を表示します。

入力形式

msh(tsa********)> help [<Command>]

パラメータ

パラメータ 説明
(オプション) <Command> 説明を表示するコマンド名

説明

以下にコマンドの出力例を示します。

コマンドの一覧

msh(tsa********)> help

show user                      - show the list of managed sacm user code

show sa                        - show the service adapter list or service adapter info
set sa                         - set the service adapter information
unset sa                       - unset the service adapter information

show config                    - show the service adapter config
set config                     - set service adapter config

show module                    - show the available modules
set module                     - set the specified version module

ping                           - ping command
traceroute                     - traceroute command
read-storage                   - read-storage command
reboot                         - reboot command
read-status                    - read-status command
clear-status                   - clear-status command
md-command                     - md-command command

show request                   - show the result of sacm's executed task
show event                     - show the event of sacm

show monitor                   - show the monitor config
add monitor                    - add monitor settings
set monitor                    - set monitor settings
unset monitor                  - unset monitor settings
delete monitor                 - delete monitor settings

show sagroup                   - show the service adapter group info
add sagroup                    - add the service adapter group
set sagroup                    - set the value of service adapter group
unset sagroup                  - unset the value of service adapter group
delete sagroup                 - delete the service adapter group

show template-set              - show the template set info
add template-set               - add the template set
set template-set               - set the template set value information
unset template-set             - unset the template set value information
delete template-set            - delete the template set

show template-variable         - show the template set variable info
add template-variable          - add the template set variable
set template-variable          - set value of the template set variable information
delete template-variable       - delete the template set variable

show template-config           - show the template config info
set template-config            - set the template config
delete template-config         - delete the template config

show env                       - show the environment variable
set env                        - set environment variable
unset env                      - unset environment variable
show mshrc                     - show the specified mshrc (deployed in ~/.msh/)
set mshrc                      - set the specified mshrc (deployed in ~/.msh/)
help                           - show help

msh(tsa********)>

コマンド名を指定したヘルプコマンドの実行

msh(tsa********)> help ping

Name :
       ping - ping command

SYNOPSIS:
       $ ping <SA Code> <IPAddress> [size <size>] [count <count>] [targettime <targetTime>]