mshの利用例

このページでは、mshを利用してSACMをコマンドラインから操作する例を紹介します。

サービスアダプタの登録

SACMでサービスアダプタの管理を行うためにSAコードに対してサービスアダプタのDistributionIDを結びつけます。 実際にこの作業を行う必要があるかどうかは、OEM提供先により異なります。show saコマンドを実行し、サービスアダプタの状態を確認したのちに、DistributionIDの登録を行ってください。

契約済みのSAコードの確認

show saコマンドを利用してSAコードを確認します。

msh(tsa********)> show sa
---
- SA_0:
    SA Code: tss00000000
    SA Label: SA
    Description:
    Distribution ID: 0000-1111-2222-3333-4444-5555-6666-7777
    Preferred Push Method:
    Up: false
- SA_1:
    SA Code: tsw11111111
    SA Label: SA
    Description:
    Distribution ID:
    Preferred Push Method:
    Up: false
msh(tsa********)>
  • 使用するSAコードの ‘Distribution ID:’ 欄が空いていることを確認してください。

DistributionIDの登録

DistributionIDの登録にはset saコマンドを利用します。 set saコマンドの書式は次のようになっています。

set sa <SA Code> [name <Name>] [description <Description>] [distributionid <Distribution ID>] [preferredpushmethod <Preferred Push Method>]

set saコマンドの実行例

msh(tsa********)> set sa tsw11111111 distributionid 0000-0000-0000-0000-0000-0000-0000-0000 (Enterキー)
---
SA Code: tsw11111111
SA Label: SA
Description:
Distribution ID: 0000-0000-0000-0000-0000-0000-0000-0000
Preferred Push Method: none
Up: false
msh(tsa********)>

以上でサービスアダプタのDistributionIDとSAコードの結びつけ作業は完了です。

コンフィグの登録・反映

ここでは、SACMにサービスアダプタにコンフィグを投入するための手順を解説します。

コンフィグをサービスアダプタに反映させるためには、SACMにworkingコンフィグとして登録したのち、そのworkingコンフィグをrunningもしくはstartupコンフィグに反映させます。今回はworkingコンフィグのモジュール0を編集し、startupコンフィグに反映させる手続きを紹介します。

set configコマンドで指定するコンフィグタイプのパラメータと、コントロールパネルでのコンフィグ種別表示の対応関係は次の通りです。

コマンドパラメータ コントロールパネル表示
working 作業コンフィグ
running 動作コンフィグ
startup 次回起動時コンフィグ

コンフィグの登録にはset configコマンドを利用します。set configコマンドの書式は次の通りです。

msh(tsa********)> set config <SA Code> <Type> [module <Module ID> [config <Config PATH>]]

workingコンフィグの登録

msh(tsa********)> set config tsw11111111 working module 0 config /tmp/saw1_config
set config: Working Config was updated.
msh(tsa********)>

workingコンフィグの確認

msh(tsa********)> show config tsw11111111 type working module 0
interface.ge0.ipv4.address: dhcp
route.ipv4.0.destination: default
route.ipv4.0.gateway: dhcp
resolver.service: enable
resolver.1.address: dhcp
dns-forwarder.service: enable
dns-forwarder.1.address: dhcp
dns-forwarder.listen.ipv4.100.interface: ge0
msh(tsa********)>

startupコンフィグへの反映

msh(tsa********)> set config tsw11111111 startup
set config: Startup Config was updated.
msh(tsa********)>

startupコンフィグの確認

msh(tsa********)> show config tsw11111111 type startup module 0
interface.ge0.ipv4.address: dhcp
route.ipv4.0.destination: default
route.ipv4.0.gateway: dhcp
resolver.service: enable
resolver.1.address: dhcp
dns-forwarder.service: enable
dns-forwarder.1.address: dhcp
dns-forwarder.listen.ipv4.100.interface: ge0
msh(tsa********)>

以上の手順で、サービスアダプタの次回起動時に利用されるコンフィグが登録されます。

スクリプトによる一括オペレーション

ここでは、Ruby言語によるスクリプトを利用した一括処理について例を示します。

  • 複数のサービスアダプタから、あるホストへpingを実行するスクリプト例
sa = %w(tsw00000000 tss11111111 tsw22222222)

sa.each do |target|
  puts `msh ping #{target} ::1`
end
  • 管理化にある全てのサービスアダプタから、任意のコマンドの実行結果を取得するスクリプト例 (今回の例ではshow tech-supportを実行)
require 'yaml'

YAML.load(`msh show sa -v`)['results'].each do |sa|
  puts `msh md-command #{sa['code']} 0 show tech-support`
end