監視コマンド

ノート

いずれのグループにも属さないサービスアダプタはIDが空白(null)のグループに所属します。

show monitor

概要

監視グループの設定を表示します。

入力形式

msh(tsa********)> show monitor [<Monitor ID>]

パラメータ

パラメータ 説明
(オプション) <Monitor ID> 監視グループのID

説明

以下にコマンドの出力例を示します。

全ての監視グループの設定を表示

msh(tsa********)> show monitor
---
- Monitor_0:
    MonitorGroup ID:
    MonitorGroup Name:
    Member: 2
- Monitor_1:
    MonitorGroup ID: 1015
    MonitorGroup Name: Monitor Group
    Member: 0
msh(tsa********)>

指定した監視グループの設定を表示

msh(tsa********)> show monitor 1015
---
MonitorGroup ID: 1015
MonitorGroup Name: Monitor Group
  Reports:
    Report_0: report1@example.jp
    Report_1: report2@example.jp
    Report_2:
    Report_3:
    Report_4:
  SA:
    SA_0 Code: tsw00000000
    SA_0 Name: SA_Name
msh(tsa********)>

add monitor

概要

監視グループを作成します。

入力形式

msh(tsa********)> add monitor <Monitor Name>

パラメータ

パラメータ 説明
<Monitor Name>

監視グループ名

例) monitor, “test monitor watch”, テスト監視グループ, “テスト No.1 監視グループ”

説明

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> add monitor Monitor
---
MonitorGroup ID: 1081
MonitorGroup Name: Monitor
msh(tsa********)>

set monitor

概要

監視グループの詳細を設定します。

入力形式

msh(tsa********)> set monitor <Monitor ID> [name <Monitor Name>] [reports <Mail1> <Mail2> ... <Mail5>] [sa <SA1> <SA2> <SA3> ....]

パラメータ

パラメータ 説明
<Monitor ID> 監視グループを表すID
(オプション) <Monitor Name>

監視グループ名

例) monitor, “test monitor watch”, テスト監視グループ, “テスト No.1 監視グループ”

(オプション) <Mail> 通知先メールアドレスの一覧 (5つまで指定可能)
(オプション) <SA Code> 所属させるサービスアダプタのSAコード

説明

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> set monitor 1015 tsw00000000 reports report1@example.jp report2@example.jp
---
MonitorGroup ID: 1015
MonitorGroup Name: Monitor Group
Reports:
  report 0: report1@example.jp
  report 1: report2@example.jp
  report 2:
  report 3:
  report 4:
SA:
  SA Code 0: tsw00000000
  SA Name 0: SA_Name
msh(tsa********)>

unset monitor

概要

監視グループの設定値をデフォルト値に変更します。

入力形式

msh(tsa********)> unset monitor <Monitor ID> [name] [reports] [sa]

パラメータ

パラメータ 説明
<Monitor ID> 監視グループを表すID

説明

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> unset monitor 1015 reports
---
MonitorGroup ID: 1015
MonitorGroup Name: Monitor Group
  Reports:
    Report 0:
    Report 1:
    Report 2:
    Report 3:
    Report 4:
  SA:
    SA_0 Code: tsw00000000
    SA_0 Name: SA_Name
msh(tsa********)>

デフォルト値

それぞれのオプションを指定した際に設定されるデフォルト値を以下に示します。

パラメータ、オプション名 デフォルト値
name Monitor Group
reports (空の配列)
sa (空の配列)

delete monitor

概要

監視グループを削除します。

入力形式

msh(tsa********)> delete monitor <Monitor ID>

パラメータ

パラメータ 説明
<Monitor ID> 監視グループのID

説明

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> delete monitor 1015
monitor: MonitorGroup (ID: 1015) is deleted.
msh(tsa********)>