オペレーションコマンド

ノート

オペレーションコマンド実行後に表示される”.”は実行結果の取得待ち状態です。 1個が5秒ごとに表示され、デフォルトでは30秒 (6個目の”.”が表示されるタイミングで終了します)

ping

概要

SACM にpingタスクを登録し、実行結果を取得します。

入力形式

msh(tsa********)> ping <SA Code> <IPAddress> [size <Size>] [count <Count>] [targettime <Target Time>]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> pingタスクを登録するサービスアダプタのSAコード
<IPAddress>

疎通を確認したいホストのIPアドレス

  • IPv4 または IPv6
  • ホスト名による指定は不可
(オプション) <Size> 送出するパケット長 (byte) (0 - 65467)
(オプション) <Count> パケットを送信する回数 (1 - 128)
(オプション) <Target Time>

タスクの実行予定日時 (翌月末日まで指定可能。書式はyyyy/mm/dd hh:mm:ss)

このオプションを指定した場合、タスクの登録のみを行い、実行結果は表示されません

説明

SACM にpingタスクを登録し、pingタスクの実行結果の可否を表示します。実行結果にはpingの送信回数、成功回数、失敗率を表示します。

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> ping tsw00000000 127.0.0.1
..

5 packets transmitted, 5 packets received, 0.0% packet loss
msh(tsa********)>

デフォルト値

パラメータ、オプション名 デフォルト値
<Target Time> null
<Size> 56
<Count> 5

traceroute

概要

SACM にtracerouteタスクを登録し、実行結果を取得します。

入力形式

msh(tsa********)> traceroute <SA Code> <IPAddress> [maxhop <Max Hop>] [count <Count>] [targettime <Target Time>]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> tracerouteタスクを登録するサービスアダプタのSAコード
<IPAddress>

疎通を確認したいホストのIPアドレス

  • IPv4 または IPv6
  • ホスト名による指定は不可
(オプション) <Target Time>

タスクの実行予定日時 (翌月末日まで指定可能。書式はyyyy/mm/dd hh:mm:ss)

このオプションを指定した場合、タスクの登録のみを行い、実行結果は表示されません
(オプション) <Max Hop> 最大ホップ数 (0 - 255)
(オプション) <Count> ホップ毎のパケット送出回数 (1 - 10)

説明

サービスアダプタに対してtracerouteタスクを登録し、tracerouteタスクの実行結果の可否を表示します。実行結果にはtracerouteのホップ数、通過ノードのアドレスが表示されます。

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> traceroute tsw00000000 127.0.0.1
..

traceroute to 8.8.8.8, 30 hops max, 3 packets
 1 127.0.0.1
msh(tsa********)>

デフォルト値

パラメータ、オプション名 デフォルト値
<Target Time> null
<Max Hop> 30
<Count> 3

read-storage

概要

SACM にread-storageタスクを登録し、実行結果を取得します。

入力形式

msh(tsa********)> read-storage <SA Code> <storage> [targettime <Target Time>]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> read-storageタスクを登録するサービスアダプタのSAコード
<storage> 取得するコンフィグ種別 (startup, running, backup)
(オプション) <Target Time>

タスクの実行予定日時 (翌月末日まで指定可能。書式はyyyy/mm/dd hh:mm:ss)

このオプションを指定した場合、タスクの登録のみを行い、実行結果は表示されません

説明

サービスアダプタに対してread-storageタスクを登録し、取得したコンフィグを表示します。実行結果にはコンフィグのテキストが表示されます。binaryコンフィグには対応していません。また、取得できるコンフィグ種別はサービスアダプタの機種に依存します。

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> read-storage tsw00000000 running
.

interface.ge0.ipv4.address: dhcp
route.ipv4.0.destination: default
route.ipv4.0.gateway: dhcp
interface.pppoe0.id: sacm@example.jp
interface.pppoe0.password: sacm
interface.pppoe0.ipcp: enable
resolver.service: enable
resolver.1.address: dhcp
resolver.domain: hoge.jp
dns-forwarder.service: enable
dns-forwarder.1.address: ipcp
dns-forwarder.listen.ipv4.100.interface: pppoe0
dns-forwarder.2.address: 192.168.1.100
msh(tsa********)>

デフォルト値

パラメータ、オプション名 デフォルト値
<Target Time> null

reboot

概要

SACM にrebootタスクを登録します。

入力形式

msh(tsa********)> reboot <SA Code> [targettime <Target Time>]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> rebootタスクを登録するサービスアダプタのSAコード
(オプション) <Target Time> タスクの実行予定日時 (翌月末日まで指定可能。書式はyyyy/mm/dd hh:mm:ss)

説明

サービスアダプタに対してrebootタスクを登録し、登録した結果を表示します。実際の再起動の実行完了は待ちません。

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> reboot tsw00000000
reboot: task was registered.
msh(tsa********)>

デフォルト値

パラメータ、オプション名 デフォルト値
<Target Time> null

read-status

概要

SACM にread-statusタスクを登録し、実行結果を取得します。

入力形式

msh(tsa********)> read-status <SA Code> <Module ID> <Show Command> [targettime <Target Time>]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> read-statusタスクを登録するサービスアダプタのSAコード
<Module ID> 対象のモジュールID
<Show Command> ステータスを表示する任意のコマンド (登録可能なコマンドはサービスアダプタに依存します)
(オプション) <Target Time>

タスクの実行予定日時 (翌月末日まで指定可能。書式はyyyy/mm/dd hh:mm:ss)

このオプションを指定した場合、タスクの登録のみを行い、実行結果は表示されません

説明

サービスアダプタに対してread-statusタスクを登録し、サービスアダプタの状態を取得します。指定できるコマンドは、サービスアダプタによって異なります。複数モジュールの実行機能については対応していません。

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********> read-status tsw00000000 show system
.

SA-W1 IPL Monitor version 1.00
SA-W1 Ver. 1.00 (Release)

H/Wrev  : ZZ
CPU     : Sheeva 88SV131 rev 1 (ARM9E-S core)
Serial  : (unknown)
DistID  : 0000-1111-2222-3333-4444-5555-6666-7777

Bootdev : flash

Date    : 2012/01/01 09:02:36 (JST)
Uptime  : 00:03 (since 2012/01/01 09:00:00)

Users   : 0 user
Loadavg : 0.27 (1min) 0.23 (5min) 0.10 (15min)
CPUstat : User 0.2%, Nice 0.0%, System 0.2%, Interrupt 0.0%, Idle 99.6%
Memory  : Total 128.00MB, Used 60.88MB (47.56%), Avail 67.12MB (52.44%)
msh(tsa********>

デフォルト値

パラメータ、オプション名 デフォルト値
<Target Time> null

clear-status

概要

SACM にclear-statusタスクを登録し、実行結果を取得します。

入力形式

msh(tsa********)> clear-status <SA Code> <Module ID> <Clear Command> [targettime <Target Time>]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> clear-statusタスクを登録するサービスアダプタのSAコード
<Module ID> 対象のモジュールID
<Clear Command> ステータスを初期化する任意のコマンド (登録可能なコマンドはサービスアダプタに依存します)
(オプション) <Target Time>

タスクの実行予定日時 (翌月末日まで指定可能。書式はyyyy/mm/dd hh:mm:ss)

このオプションを指定した場合、タスクの登録のみを行い、実行結果は表示されません

説明

サービスアダプタに対してclear-statusタスクを登録し、サービスアダプタの状態を取得します。指定できるコマンドは、サービスアダプタによって異なります。複数モジュールの実行機能については対応していません。

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)>  clear-status tsw00000000 0 clear nat-session ipv4
.

0 entries flushed from NAT table
msh(tsa********)>

デフォルト値

パラメータ、オプション名 デフォルト値
<Target Time> null

md-command

概要

SACM にmd-commandタスクを登録し、実行結果を取得します。

入力形式

msh(tsa********)> md-command <SA Code> <Module ID> <Command> [targettime <Target Time>]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> md-commandタスクを登録するサービスアダプタのSAコード
<Module ID> 対象のモジュールID
<Command> サービスアダプタで実行するコマンド、引数 (登録可能なコマンドはサービスアダプタに依存します)
(オプション) <Target Time>

タスクの実行予定日時 (翌月末日まで指定可能。書式はyyyy/mm/dd hh:mm:ss)

このオプションを指定した場合、タスクの登録のみを行い、実行結果は表示されません

説明

サービスアダプタに対してmd-command(任意コマンド実行)タスクを登録し、コマンドの実行結果を取得します。指定できるコマンドは、サービスアダプタによって異なります。

以下にコマンドの出力例を示します。

msh(tsa********)> md-command tsw00000000 0 ping 127.0.0.1 count 3
.

PING localhost (127.0.0.1): 44 data bytes
56 bytes from 127.0.0.1: icmp_seq=0 ttl=255 time=0.202 ms
56 bytes from 127.0.0.1: icmp_seq=1 ttl=255 time=0.188 ms
56 bytes from 127.0.0.1: icmp_seq=2 ttl=255 time=0.169 ms

----localhost PING Statistics----
3 packets transmitted, 3 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/stddev = 0.169/0.187/0.202/0.017 ms
msh(tsa********>

デフォルト値

パラメータ、オプション名 デフォルト値
<Target Time> null