コンフィグコマンド

show config

概要

SACMに登録されたサービスアダプタのコンフィグ、またはコンフィグの情報を取得します。

入力形式

msh(tsa********)> show config <SA Code> [type <Type> [module <Module ID>]]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> SAコード
(オプション) <Type>

コンフィグ種別

working
作業コンフィグ
startup
次回起動時コンフィグ
running
動作コンフィグ
preview
反映予定コンフィグ
(オプション) <Module ID>

表示するコンフィグのモジュールのID

  • <type> を指定した場合のみ指定可能
  • previewを指定した場合は必須

説明

ノート

<Module ID> パラメータが指定されている場合はコンフィグそのものを表示し、指定されていない場合は コンフィグのモジュール名やバージョン情報等を表示します。

以下にコマンドの出力例を示します。

サービスアダプタに設定されている全てのコンフィグ情報を表示

msh(tsa********)> show config tsw00000000
---
- Working Config:
    - Module ID: 0
      Module Name: SA-W1 1.00 (Beta39)
      Version: 1.0.2-39
      Binary: false
- Startup Config:
    - Module ID: 0
      Module Name: SA-W1 1.00 (Beta27)
      Version: 1.0.2-27
      Binary: false
- Running Config:
    - Module ID: 0
      Module Name: SA-W1 1.00 (Beta27)
      Version: 1.0.2-27
      Binary: false
msh(tsa********)>

サービスアダプタの working コンフィグの情報を表示

msh(tsa********)> show config tsw00000000 type working
---
Working Config:
 - Module ID: 0
   Module Name: SA-W1 1.00 (Beta39)
   Version: 1.0.2-39
   Binary: false
msh(tsa********)>

サービスアダプタのモジュール0のworkingコンフィグのを表示

msh(tsa********)> show config tsw00000000 type working module 0
interface.ge0.ipv4.address: dhcp
route.ipv4.0.destination: default
route.ipv4.0.gateway: dhcp
resolver.service: enable
resolver.1.address: dhcp
resolver.domain: example.jp
dns-forwarder.service: enable
msh(tsa********)>

set config

概要

サービスアダプタのコンフィグの SACM への登録、反映を行います。

入力形式

msh(tsa********)> set config <SA Code> <Type> [module <Module ID> [config <Config PATH>]]

パラメータ

パラメータ名 説明
<SA Code> SAコード
<Type>

コンフィグ種別

working
作業コンフィグ
startup
次回起動時コンフィグ
running
動作コンフィグ
(オプション) <Module ID>

コンフィグを変更するモジュールのID

  • <type> が working の時のみ指定可能
(オプション) <Config PATH>

コンフィグファイルのパス(ローカル)

  • 省略時は標準入力から読み取る
  • <Type> が working の時のみ指定可能

説明

ノート

  • テキスト形式のコンフィグのみ設定できます。
  • 次回起動時コンフィグ(startup)及び動作コンフィグ(running)を変更する場合、作業コンフィグ(working)を変更・保存したのちにそれぞれのコンフィグへ反映させることで内容を変更します。

以下にコマンドの出力例を示します。

コンフィグファイルを指定してコンフィグを設定

msh(tsa********)> set config tsw00000000 working module 0 config /tmp/config.txt
set config: Working Config was updated.
  • コンフィグ例
interface.ge0.ipv4.address: dhcp
route.ipv4.0.destination: default
route.ipv4.0.gateway: dhcp
interface.pppoe0.id: sacm@example.jp
interface.pppoe0.password: sacm
interface.pppoe0.ipcp: enable
resolver.service: enable
resolver.1.address: dhcp
resolver.domain: example.jp
dns-forwarder.service: enable
dns-forwarder.1.address: ipcp
dns-forwarder.2.address: 192.168.1.100
dns-forwarder.listen.ipv4.100.interface: pppoe0

標準入力からコンフィグの内容を読み取ってコンフィグを設定

msh(tsa********)> set config tsw00000000 working module 0
please enter data ("." for end of data)
interface.ge0.ipv4.address: dhcp
route.ipv4.0.destination: default
route.ipv4.0.gateway: dhcp
interface.pppoe0.id: sacm@example.jp
interface.pppoe0.password: sacm
interface.pppoe0.ipcp: enable
resolver.service: enable
resolver.1.address: dhcp
resolver.domain: example.jp
dns-forwarder.service: enable
dns-forwarder.1.address: ipcp
dns-forwarder.2.address: 192.168.1.100
dns-forwarder.listen.ipv4.100.interface: pppoe0
.
set config: Working Config was updated.